未来チャレンジコンソーシアム

2018年10月4日開催
~最強のテクノロジー企業連合と共に、ビジネス課題に挑みませんか?~
「未来チャレンジコンソーシアム」設立発表会

イベント申し込みはこちら

コンソーシアムの設立趣旨PURPOSE

昨今、ますます発展するテクノロジーを活用して、新たなサービスの開発や社会課題の解決を目指そうとする動きが活発化しています。

特に、国内においてもVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、AI(人工知能)を用いた開発は進んでおり、日々新たな取り組みが生まれています。しかし一方で、こうしたテクノロジーの活用はまだまだ限定的であり、各社のビジネスモデル変革への影響力は小さいと言えます。

その大きな理由として、テクノロジーが広範囲かつ複雑になってきている現状で、事業会社が単独でテクノロジーについて情報収集し、課題解決を行うことには技術の面や費用の面で限界があるということがあります。

そこで、事業会社1社がテック企業1社と組むのではなく、同じ課題を抱える事業会社同士でプロジェクトを組んだり、複数のテック企業同士が連合となることで、テクノロジーの知見や事例を共有し、より早く、より実用的で規模の大きな取り組みが可能となると考えています。

コンソーシアム概要ABOUT

未来チャレンジコンソーシアムは、VR、AI、ロボティクス、IoTなどの各領域のにおける先進企業の連合体です。
先進テクノロジー企業とのネットワーク、テクノロジー活用のアイデア/ノウハウを活かして、企業の課題を解決します。

どうやって解決すれば良いか分からないような企業の課題に対して、コンソーシアム内のメンバー企業のアイデアとテクノロジーを結集し、挑戦します。テクノロジーありきではなく、あくまで企業の課題をベースに、詳細なヒアリングを実施したうえで、ビジネスの未来を作り出すイノベーティブなご提案を行います。

具体的な取り組みとしては、コンサルティングサービス提供、実証実験の実施、共同製品開発や、ハッカソン/勉強会の開催によるノウハウ提供を、 テクノロジー企業各社のコラボレーションにより実施します。

  • 課題
  • アイデア×テクノロジー
  • アウトプット

2018年10月4日開催
~最強のテクノロジー企業連合と共に、ビジネス課題に挑みませんか?~
「未来チャレンジコンソーシアム」設立発表会

イベント申し込みはこちら

理事メンバーMEMBER

  • トランス・コスモス 所 年雄
  • レノボ・ジャパン 湯浅 浩一朗
  • 事業クリエイター 真田 幹己

会員企業PARTNER

  • トランスコスモス株式会社
  • レノボ・ジャパン株式会社
  • 株式会社エスキュービズム
  • ユカイ工学 株式会社
  • 株式会社ブレイブソフト
  • 3bitter株式会社
  • スプリームシステム株式会社
  • Gugenka®
 所 年雄

所 年雄

トランスコスモス株式会社 理事 デジタルエクスペリエンス本部長
専門商社勤務後、1999年にトランスコスモス入社。以後、カスタマーコミュニケーションの最適化を実現するサービスの開発と運用を担当。2012年よりソーシャルメディアを通じた感動体験を提供する顧客サポートサービスの開発を推進し、現在はそれらサービスに加え、LINEや Facebook Messengerなどを通じたデジタルコミュニケーションサービス全般の開発を担当

湯浅 浩一郎

湯浅 浩一郎

レノボ・ジャパン株式会社 スマート製品事業部 部長
1976年千葉県生まれ。大学卒業後、太陽誘電にて電子部品営業、ドイツ化学メーカにて製品マネージャ、デルにてセールスオペレーションや各種プロジェクトの責任者を経て、2013年からレノボ・ジャパンに入社。法人営業企画部、製品事業部、セールスエンジニアの責任者を経験後、昨年10月からVR・AR、スマートディスプレイ、ホームIoTといった新規事業の立ち上げを担当。

真田 幹己

真田 幹己

ベンチャー企業にて中・小企業(飲食・美容・医療業)の約2000店舗に対し、モバイルITを利用した業務改善や販促施策のコンサルティングを経験後、2011年にエスキュービズム入社。
取締役としてリテール業界向けIT製品の企画開発やSIビジネスの事業推進を統括。IT事業だけでなく、家電事業におけるハードの製品開発及び事業推進、人事領域の管掌など幅広い領域で戦略設計と推進統括を担当。
2018年4月より事業クリエーターとして独立。
ベンチャーや大手企業に対して、デジタル技術を活用した事業変革推進や、PRマーケティング・アライアンス戦略企画などの支援を手がける。

トランスコスモス株式会社

トランスコスモス株式会社

トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界33カ国・171の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています

ホームページ: https://www.trans-cosmos.co.jp/

レノボ・ジャパン株式会社

レノボ・ジャパン株式会社

レノボはフォーチュングローバル500に含まれる売上高450億米ドルのグローバル企業であり、スマートデバイス、インフラシステムなどにより最高のユーザーエクスペリエンスを提供し、インテリジェントトランスフォーメーションを実現させるビジョンを持ちます。レノボは広範なコネクテッドデバイス製品を製造する企業で、スマートフォン(モトローラ)、タブレット、PC、ワークステーションおよびAR/VRデバイス、スマートホーム/オフィス製品などを提供しています。レノボはすべての人の優れた力を呼び起こし、誰もが発展するよりスマートな未来を創ることを目指しています。

ホームページ: https://www.lenovo.com/jp/ja/lenovo/

株式会社エスキュービズム

株式会社エスキュービズム

ECシステムやPOSシステムなどのソフトウェアだけでなく、家電製造などで培ったハードウェア製造のノウハウ、VRやAIなどの最新テクノロジーを組み合わせて、様々な小売企業の課題解決を行ってきました。
取引企業は1000社以上を超え、セブン&アイホールディングス様や三井のリパーク様などの様々な企業に対してアイデアの創出から実際のシステムの構築までワンストップでのソリューション提供を行ってきました。弊社は、企業様の課題から考えることを得意とし、自社の持つテクノロジーだけでなく、外部のテクノロジーも組み合わせることで課題解決へと導きます。
現在も、動画×EC、VR×EC、セルフレジなどの実証実験に取り組み、リテールテックのリーディングカンパニーとして新しい価値あるサービスを生み出しています。

ホームページ: https://s-cubism.jp/

ユカイ工学 株式会社

ユカイ工学 株式会社

ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」)などがあります。

ホームページ: https://www.ux-xu.com/

株式会社ブレイブソフト

株式会社ブレイブソフト

ブレイブソフトは技術者主体・若者主体にこだわり、世界に通用するソフトウェアベンチャーとして、新しい時代を創る「最強のものづくり集団」を目指してスマートフォンアプリやwebシステム等の企画・開発を行っています。『東京ゲームショウ2018』や『東京モーターショー2017』など各種イベントに特化したスマホアプリパッケージ「eventos(イベントス)」や、『ボケて』、『TVer』をはじめテレビ局や著名人とのタイアップアプリなどで500件以上の開発に携わるなど、多数のヒットアプリを企画開発・主導。「最強のものづくりベンチャー」を目指して成長を続けています。

ホームページ: https://www.bravesoft.co.jp/

3bitter株式会社

3bitter株式会社

3bitter株式会社は、Beaconでデジタルコンテンツとリアルな場所を紐づけ、双方の活性化を目指しています。
具体的には、BLE Beaconの製造・販売・ファームウェア開発及び、セキュア化したBLE Beacon及び計測SDKの提供をしております。
弊社の技術により、ゲーム内コンテンツを主とした『高インセンティブ』なコンテンツをエリアに紐づけ、アプリのユーザ増・活性化、エリアへの集客施策と共に、新たなユーザ体験の提供を可能にします。
またライブコンサート等イベントの物販やガチャをエリア限定化したアプリ内で提供する『LIVE FOX』は待機時間を利用した売上施策と共に混雑やオペレーションの軽減を実現します。

ホームページ: https://3bitter.com/

スプリームシステム株式会社

スプリームシステム株式会社

弊社は動線分析システムMoptarの開発ベンダーです。
赤外光レーザーセンサーや魚眼カメラから人の位置を割り出し
細かい間隔で位置をプロットし動線としてつなぎ、入店から退店までを1つのIDとしてトレースします。

棚前行動分析Reachと連携すると、棚前の立寄・滞留だけではなく手を伸ばす動作を取得し、POSデータと連動することで入店から購入まで全てのプロセスの転換を分析できます。
動線データを分析するほか、リアルタイムに行動を判定し、個々の興味に応じたサイネージコンテンツの切り替えや、LINEなどへのプッシュ通知を行うほか、防犯や接客アラートを行うことも可能です。
またMAツールAimstarと連携すればさらに高度なシナリオも対応可能となります。

ホームページ: https://www.supreme-system.com/

Gugenka®

Gugenka®

Gugenka®は人気アニメや自社IPとxR(AR VR MR)、3DCG、AI、ブロックチェーンを組み合わせたサービスを提供する株式会社シーエスレポーターズのパブリッシャーブランドです。自社開発、メーカーとしての強みを生かして協業による受託開発も行っています。

ホームページ: https://gugenka.jp/